CMS and BLOG

WordPressやMovableTypeのインストールやカスタマイズ、便利なプラグイン等の記事。

AddClipsではてなブックマークが使えない?

WordPress 2009 年 7 月 26 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote

このブログのサイドバーに、つけていたAddClips
さっき何げなーく、クリックしたら、

  不正なURLです

なんて文字が出てました。
アレ?ってな感じで何度やってもブックマークできなかった。

面白がって作って、そのときチェックしてなかったのかなー、
でも、WordPress以外のは普通にブクマできるしなー、
何が悪いんだろーなー、と思ったけど、やっぱり判らず。

仕方なので、AddClipsのサイトに行き、タグを作り直す。

一度作り直しても上手くいかなかったので、
サイトの種類を
ブログ→WordPress でなく、
ブログ→その他のブログ にしてみたら、ちゃんとブクマできました。
何故だろう??

とりあえず、動いたのでいいかぁ。

  1

WordPress API key をつくる

WordPress 2009 年 7 月 25 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote

WordPress API key 作ってみました。

この度、スパムをブロックしてくれるWordPressプラグイン「Akismet」を入れてみる事にしたのですが、これを使うには WordPress API key が必要との事。

WordPress keyを作るには、まずWordPressのサイトで、ユーザー登録し、wordpress.comにブログを作成しないといけないようです。

日本語の登録画面も出来ていて、簡単なんですが、
以下に手順を画像入りで書いてみました。

まずはこちら WordPress.com の API Keysページに行きます。

WordPressのアカウント作成ページ

sing up … のリンクをクリック。

API KEY 登録画面2

英語なんか読めないぞ!って方 日本語 をクリック。

API KEY 登録画面3

ここで、API keyを貰うまで半分くらい?です。
以下はWordPressサイト内(wordpress.com)に作られるブログに関する設定です。

すべて英数字入力です。

ユーザー名:ログインする時に使います。
パスワード:そのまんまパスワードです。
確認:上と同じパスワードを入れます。下に表示されるのは安全さのレベルです。
メールアドレス:ここで入力したアドレスにWordPress API keyが届きます。
法律関連のあれこれ:チェックします。
ブログを作るにチェックします。

ユーザー名のみを作成にすると面倒なことになりますので、ブログを作るにチェックするのが肝(?)らしい。

API KEY 登録画面4

ブログドメイン:サブドメイン部分をお好きに入力してください。URLになります。
ブログ名:ブログ名を入れます。honyahonya blogとか何とかでもいいと思います。
使用言語:日本語。
プライバシー:これはチェックしてもしなくてもお好きなように。

API KEY 登録画面5

メールを確認してください という画面がでます。
黄色箇所にさっき書いたメールアドレスが表示されています。

API KEYを作るだけなら、プロフィールは登録しなくても大丈夫。

メールを受信すると

API KEY がメールで届く

最後にAPIKEYが書かれていました。
上にはWordPress内のブログのアドレスも書かれているので、保存。

ついでにwordpress.com内にできたブログも、今のところは更新しないので、ログインし、パスワード保護をかけて見えないようにしました。

mt.Vicunaでタイトル名からArchiveの文字削除

Movable Type 2009 年 7 月 21 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote

今回は(も?)mt.Vicunaでの修正です。

何をしたいかというと、カテゴリー・月別・日別のタイトル名から「Archive」の文字を削除したい。

例えばカテゴリーページで言うと

Movable type 画面
の赤でくくった部分をなくしたい。

 カテゴリー名 Archive

 カテゴリー名

だけにしたい。
という事なんですが、これは結構簡単です。

デザイン→テンプレート→ブログ記事リスト(カテゴリー)を開きます。
画面
ページ一番上から2行目の Archiveを削除。

<MTSetVar name="tempName" value="index_archive_category">
<MTSetVarBlock name="page_title"><$MTArchiveTitle$> Archive</MTSetVarBlock>

<MTSetVar name="tempName" value="index_archive_category">
<MTSetVarBlock name="page_title"><$MTArchiveTitle$></MTSetVarBlock>

保存して、再構築すると、
修正後
終了です。

上記2行目の部分で、以下に読み出される

<$MTGetVar name="page_title"$>

を定義しているので、ここさえ変えれば、タイトル名がすべて変更されるという事です。

月別や日別についても、同じように変更すればOKです。

最初の記事の下に広告を入れる、mt.Vicuna版

Movable Type 2009 年 7 月 15 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote

Movable Typeで、最初の記事だけに広告を挿入したい場合について書きます。
記事の前後にバナー広告を入れるとは、また違います。
一番上の記事の下に広告をつけるという書き方が判りやすいかも??

そのほかにもウェルカムメッセージと記事最後に広告を追加します。
文字で書くと、

 ヘッダ(タイトル)

 ウェルカムメッセージ
 最初の記事
 広告1
 2番目記事
 3番目記事
  ↓
 広告2

となります。
(実際にはこちらのようになります。)

改造するテンプレートはmt.Vicunaです。

まず、モジュールファイルを追加します。
デザイン→テンプレートからテンプレートモジュールモジュールを作成。
テンプレートモジュールを追加

ウエルカムメッセージ というモジュールをつくります。
モジュール
divタグはレイアウトに合わせるのに入れています。
赤の中に表示させたい内容(ここでは、はじめましてのメッセージ)を入れ、保存。

同様に
 広告いち
 広告に
のモジュールを新規作成します。(広告の時は赤の中に、広告内容を入れる。)

デザイン→テンプレートに戻ります。
インデックステンプレートにあるメインページのファイルを開きます。

そして、太字の部分を足します。

<div id="main">  
 <$MTInclude module="パンくずリスト"$>
 <h1><$MTGetVar name="page_title"$></h1>  
    <$MTInclude module="ウエルカムメッセージ"$>  
 <MTEntries lastn="1">
    <$MTEntryTrackbackData$>
    <$MTInclude module="ブログ記事の概要"$>
 </MTEntries>   
    <$MTInclude module="広告いち"$>
 <MTEntries offset="1"> 
    <$MTEntryTrackbackData$>   
    <$MTInclude module="ブログ記事の概要"$> 
 </MTEntries>
  
    <$MTInclude module="広告に"$>  
 <$MTInclude module="アーカイブページへのリンク"$> 
 <$MTInclude module="パンくずリスト"$>
</div>

として保存します。
その後、メインページを再構築します。

表示されましたでしょうか?

先ほどの記述の説明は以下の通りです。
まず、記事の上に
<$MTInclude module="ウエルカムメッセージ"$>
で、ウエルカムメッセージモジュールを挿入します。

記事を呼び出す、<MTEntries >にlastn="1"を入れ、最初の記事のみ表示を呼び出しています。

最初の記事呼び出しが終わったあと、

<$MTInclude module="広告いち"$>
で、広告いちモジュールを入れ、

今度は、記事を呼び出す、<MTEntries 以下を繰り返しますが、ここでもMTEntriesにoffset="1"を入れ、最初以外の記事のみ表示させます。

すべての記事が表示された後

<$MTInclude module="広告に"$>
で、広告にモージュールを入れています。

カテゴリー・月別・日別のテンプレートについても同様に修正すれば、同じようにウエルカムメッセージと広告が表示されるようになります。

Movable TypeのファイルをPHP化している場合は

<div id="main">  
 <$MTInclude module="パンくずリスト"$>
 <h1><$MTGetVar name="page_title"$></h1>  
    <?php include("<$MTBlogSitePath$>welcome.php"); ?>  
 <MTEntries lastn="1">
    <$MTEntryTrackbackData$>
    <$MTInclude module="ブログ記事の概要"$>
 </MTEntries>   
    <?php include('<$MTBlogSitePath$>koukoku1.php'); ?>
 <MTEntries offset="1"> 
    <$MTEntryTrackbackData$>   
    <$MTInclude module="ブログ記事の概要"$> 
 </MTEntries>  
    <?php include('<$MTBlogSitePath$>koukoku2.php'); ?>  
 <$MTInclude module="アーカイブページへのリンク"$> 
 <$MTInclude module="パンくずリスト"$>
</div>

各モジュールをPHPファイルにして入れてるだけですが。
<?php include("<$MTBlogSitePath$>welcome.php"); ?>
<?php include("<$MTBlogSitePath$>koukoku1.php"); ?>
<?php include("<$MTBlogSitePath$>koukoku2.php"); ?>

等でよいと思います。
welcome.php、koukoku1.php、koukoku2.phpの各PHPファイルは、インデックステンプレートで新規作成して追加します。

そんなワケで、北海道のいで湯ブログもよろしく!

wp.Vicuna Ext. Customでclassが行方不明?

WordPress 2009 年 7 月 1 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote

ちょっと別件でWordPressをテスト的にいじっているのだけど、
sidebar.php内に記述してあるクラスがどうにも反映されない。

phpを再度アップしても、WordPressのエディタで修正しても、
ページ表示&ソース表示すると、クラスの指定がばっさり消えているようです。

sidebar.php 内

<dt><?php _e('Categories', 'vicuna'); ?></dt>
<dd>
 <ul class=”category”>
  <?php wp_list_cats(’sort_column=name&optioncount=0&hierarchical=1′); ?>
 </ul>
</dd>

class="category"がいざ表示されると、
普通に

<dd>
 <ul>
  <li>

となって、class="category"は何処?という感じです。
どうしてなのかなー、私だけですか?

助けてくれー。

wp.Vicuna Ext. Customを入れてみる

WordPress 2009 年 6 月 17 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote

という事で(前のネタ参照)wp.vicuna.Extを入れてみた。
アイコン画像表示も何も問題なかったし、使いやすい。

以下自分用メモ
wp.Vicuna Ext. Custom
WordPressテーマ「Vicuna」の最新版に、プラグイン等のカスタマイズ機能を加えた「wp.Vicuna Ext.」のコードを反映して、さらに改良を施したテーマ。

Vicuna Adaptor
上と合わせて、ウィジェットなどが使えたり、レイアウトを簡単に変更できるプラグイン。

他のデザインを使いたい方は、
wp.vicunaのskinからスタイルシートをダウンロード。

wpVicunaのCSS

WordPress google+0 はてなブックマーク0 Evernote

wp.vicunaのstyle-monoというテンプレートデザインで、RSSの画像が表示されないなぁと思ったら、CSSのクラス名がちがっていた。
ガリガリやっているうちに、私が間違えたのかな?

よく判らないのでCSSを修正してみる。

スタイルシート core.css

/* Feeds
---------------*/

div#utilities dl dd ul.feeds {
margin-left: 10px;
list-style-type: none;
list-style-position: outside;
}

div#utilities dl dd ul.feeds li {
margin-left: 0;
}

div#utilities dl dd ul.feeds li a {
padding-left: 20px;
background: url(images/icon/icon_feed.gif) no-repeat;
}

うん、表示できたけども。
色々いじるのは、wp.vicuna.Extの方がいいのかなぁ?

再インストール

WordPress 2009 年 6 月 16 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote

英語版のWordPressを、手動で日本語版へバージョンアップしようとしたところ、上手くいかなかったので、結局再インストール。
ということで2.7にバージョンダウン。
このまま2.8にしても良かったけど、まだ不具合がありそうなので、今は様子見にしておきます。

広告
ブックマーク
はてぶ人気記事
過去ログ