こぶ締め

酒と肴と 2009 年 8 月 23 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote

ひさびさーにアクセスログをみたら、このブログにこぶ締めで検索して来ている人がいるみたい。

好きです昆布締め。
水分が抜け、身が引き締まり、しっかりした食感と昆布の風味でとても美味しい。

で、昆布締めについてちょっと調べたり。

基本的にこぶ締めは淡白な白身魚に合う。
だからポピュラーなのは、平目のこぶ締め、鯛のこぶ締めなどなど。

で、作り方というと
平目のこぶ締めは下のアドレスに書いてあった。
辻調理師学校のページのレシピ
上のはプロの手の込んだレシピだけど、家庭では、ようは刺身で買ってきて、昆布に挟んで寝かせればいいと思う。

あと、サンマなんかでも美味しいみたい。
塩ふって、冷蔵庫で寝かせ、酢洗いし、濡らした昆布に挟んで、また寝かせる。
詳しくは、おやじのための自炊講座に載っていた。

生臭味が気になる魚は酢洗いするのがポイント?
酢洗いとは、酢または酢水にサッとくぐらす事をいいます。これで生臭味が取れて、昆布と合うようになる。

白身じゃない魚は(キスなど)は酢洗い、また酢で拭いたりしてから昆布に挟むのがよいらしい。

サバの昆布締めも美味しいそうだけど、食べたことないなー。

魚以外にもささ身の昆布締めなんかも美味しいんだとか。
たぶんささ身刺しを昆布締めにするのかな。

とか考えていたら、鳥せいのささ身刺しを思い出した。
あのささ身刺しならきっと美味しい昆布締めが。

あれが食べたくて鳥せい通いしたのになー。
突然メニューから消えたからそれ以来行ってないです。

また復活してくれないかなー。

広告

人気ブログランキング にほんブログ村 blogram

関連記事

    コメントフォーム
    メールアドレスは必須ですが公開はされません

    トラックバックURL
    広告
    ブックマーク
    はてぶ人気記事
    過去ログ