ウィジェットを旧エディタに戻す
WordPressのウィジェットはブロックエディターより昔のエディターの方が使いやすかった!とか、クラシックエディターの方が使いやすいかも?という方に。

ウェジェット画面でブロックエディターだと、プレビューが延々表示されなかったり、何だか使いにくいなー。でもそんなに内容変更しないし、まぁいいか。
と思っていたのですが、テーマ修正の際に元の形式に戻してみました。

戻し方については公式ページに書いてありました。
従来のウィジェットエディターに戻す – Japanese Team — WordPress.org

で終わりなんですが、見に行くのが面倒な方は以下をどうぞ。

ウィジェットエディターをブロックエディターから戻す方は2つ

1.プラグインを追加して戻す
2.テーマのfunctions.phpを修正して戻す

1.プラグインを追加して戻す

プラグイン画面から「Classic Widgets」を検索してインストールすれば終わり。
Classic Widgets – WordPress プラグイン

2.テーマのfunctions.phpを修正して戻す

テーマ内のfunctions.phpに以下の記述を追加します。
functions.php

function example_theme_support() {
  remove_theme_support( 'widgets-block-editor' );
}
add_action( 'after_setup_theme', 'example_theme_support' );

たったこれだけ。
ウィジェットブロックエディターだけど、何だか使いにくいなーとか思っている方は試しに変えてみてもいいかも。
軽いし、イライラしないし。

もちろん、この記事もブロックエディター(Gutenberg)でなく、クラシックエディター(Classic Editor)で書いています。

慣れているからってもあるけど、やっぱり軽いっていいですね。