サイコムのBTOパソコンケースの静音について

ハードウェア 2010 年 1 月 9 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote

昨年買ったサイコムのパソコン。
評判を気にしつつ買ったのですが、快適に動いています。
思ったより静かで静音パソコンとは言わないまでも、煩いこともないのがいいですね。

買ったのはコレ
サイコムのスリムタワー(Intel CPU搭載モデル)
・当初の記事 通販パソコンが安い

と、いう事で。
11月にDVDドライブをIDE→シリアルATAにした時の画像をメモとしてアップしておきます。

サイコムのパソコン前面
前面には、5インチドライブ、USBポート×4、IEEE 1394(FireWire)×1、マイク端子、ヘッドフォン端子。
IEEE 1394は私の構成では飾りだけど。

側面を外して。
サイコムのスリムタワー構成
上が背面、下が前面。
右上のフィルター部分はケース上でもスリットがあります。通風孔ですね。

ファン部分
右上のフィルター部分を外す。
下にDVDドライブとそれから出ているIDEのケーブルが見えます。
もうすぐ、この邪魔くさいIDEのケーブルとはさようなら、となる。

ケースとファンの位置、ファンが見える
IDEでのドライブを外す。
ゴム製のスリットからかなり太いIDEのケーブルが出ている。
仕切りはファンに合わせて、丸い形になっている。

サイコムパソコンのケーブル取り回し
更にはずすとこんな感じ。
左下のHDと、右下の電源の間は、ケーブルがごちゃごちゃになりそうだけど、サイコムさんが綺麗にまとめてくれてる。
そして、組み換えそうなとこのケーブルは外しやすいケーブルクリップで留めてある。
これは何気にエライと思う。

シリアルATAのドライブ
シリアルATAのドライブを付けてもらう、私は見てるだけ(笑)

ケースに設置
設置すると、こんな風に。
IDEのぶっといケーブルがこんなにスリムに。通気も若干向上したかも。

このケースで気になったのは
・ケース前面にはSycomのロゴが付いている。
・HDランプがややまぶしいかも。
という事くらい。

もっと静かなパソコンならこんなのも

広告

人気ブログランキング にほんブログ村 blogram

関連記事

    コメントフォーム
    メールアドレスは必須ですが公開はされません

    トラックバックURL
    広告
    ブックマーク
    はてぶ人気記事
    過去ログ