WP-DBManagerの日本語版の使い方とエラー画面について

WordPress 2010 年 6 月 30 日 google+0 はてなブックマーク5 Evernote

WordPressのデータベースをバックアップしてくれる便利なプラグインWP-DBManager。
最近やっと入れたので、使い方と日本語化についてメモしておきます。

1.WordPressの管理画面からプラグインをインストール。

WordPressの管理画面内、プラグイン画面からWP-DBManagerを検索。
WP-DBManager2.50をインストールします。

FTPで入れたい人は以下のサイトから。
ページの中ほどからダウンロードできます。
PHP « Programming « Portfolio | lesterchan.net

2.日本語化ファイルをダウンロード。

日本語化ファイルは以下のサイトにあります。
WordPress – WP-DBManager 日本語化ファイル | Technolog.jp
wp-dbmanager-ja_250.zipを解凍すると、wp-dbmanager-jaというフォルダができます。

3.解凍したファイルをアップロード。

中にある2つのファイル
・wp-dbmanager-ja.mo
・wp-dbmanager-ja.po

をプラグインデレクトリ
wp-content/plugins/wp-dbmanager/
にFTPでアップロードします。

4.プラグインを使用。

WordPressの管理画面に戻り、プラグインを使用します。

5.エラー画面が出ることがあります

こんなエラー画面が出来た時は

6.バックアップデレクトリを確認し、.htaccessをアップロード

wp-contentのデレクトリの下にbackup-dbデレクトリが新しく出来ているのを確認。
wp-content/backup-db/ 内に .htaccess をアップロードします。

.htaccessの中身は

<files ~ ".*\..*">
order allow,deny
deny from all
</files>

8.データベース情報が表示されます
ブログの管理画面に入ると、左メニューの一番下に「データベース」という項目が増えているので確認します。

9.バックアップをしてみる
バックアップの項目をクリック。

一番下にある「バックアップ」ボタンをクリック。

10.バックアップしたデータはメールで送信もできる

このほかにも最適化など様々な機能があります。
DBオプションからは定期バックアップも可能という、便利プラグイン。

私は今のところ、バックアップだけ使うつもりですが、これで少しは安心かな。

参考サイト
バックアップ用プラグイン WP-DBManager
WP-DBManager 2.50 でエラーが発生してしまう | 犬小屋にて

【ご連絡】WordPress、サイト制作関係の新しい記事は、こちらのサイトに書いてます

広告

CPI 激安ドメイン ロリポップ!レンタルサーバー @Next Style お名前.com お名前.com


人気ブログランキング にほんブログ村 blogram

関連記事

    コメントフォーム
    メールアドレスは必須ですが公開はされません

    トラックバックURL

    トラッグバッグ

    • WordPressを使うなら、データベースのバックアップを取ろう!

      みなさん、ブログのデータ、バックアップをちゃんと取っていますか? 私は、いつかしないとなぁと思いつつ、取っていませんでした。 さっき、一瞬ブログの表示がバグって記事数が0件…

    広告
    ブックマーク
    はてぶ人気記事
    過去ログ