MOメディアの生産終了とデータの整理

ハードウェア 2010 年 9 月 16 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote


この前から部屋の片付けをして、物を整理しています。
そんな中見つけたのが、古いMOディスク。

種類は、128MB、230MB、640MBと雑多ながら、懐かしいデータが入っていた。

データは漢字talk7~MacOS9の時代のもの。
とりあえず、片っ端からMacのDiskCopyを使って、MOごとイメージファイルにしてHDに保存。
MOについては、基本、空にしてしまう方向で整理中。

そういえばこの前こんな記事も載っていた。
フロッピーディスクドライブに続いて「MOディスク」も販売終了へ、需要減退を受けて正式決定 - GIGAZINE

メディアの耐久性がとても高くてバックアップには向いているとの事なんだけど。
USB8Gとか普段使いにしているのに、MOはなーと思ったりもする。

メディアの大きさに対して、保存できるデータ量が少ないし。
かといって、普段使うって事はもう無くなったし。

元々MOの何か良かったって、MOにMacの緊急用起動システムを一通りいれられた事。
システムが調子悪い時は、MOから起動して、修復したり出来た。

あとは、印刷データの受け渡しとか。
家で仕事する時のデータ持ち帰りとか。

データが空になったMO、20枚ちょっと。
捨てるのも面倒だったりもする。
印刷屋ではいまだにMO入稿を行っているところもあるし、誰か拾ってくれないかなー。

…無理か。

とりあえず保存のMOのデータは後で時間ができたら、中身を確認して必要であればDVDにでも焼こうかな。

広告

人気ブログランキング にほんブログ村 blogram

関連記事

    コメントフォーム
    メールアドレスは必須ですが公開はされません

    トラックバックURL
    広告
    ブックマーク
    はてぶ人気記事
    過去ログ