寒さ対策にはやっぱりコート、でもファーはいらないと思う。

モエナイゴミ 2012 年 1 月 5 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote

この前、久々にコートを購入。
いい加減、袖が悲しい事になっていたので、これでスッキリ。

買ったのは下のコート。
セール半額で4500円位。

選定の条件的には。
・ファーが取れる
・色は明るい色

最近の流行で、フード+ファーというのばっかりなのだけど。
個人的に、ファーが肌に当たると物凄く煩わしい。想像するだけで、かゆい。
(混みあった電車では後ろの人の顔にファーが当たったり&終いにはファー食べてるヨ!というのを何度か目撃しているのもある。)

なので、ファーは取れるタイプが前提条件だった。
ユニクロのコートなども取り外し出来るタイプと、取り外し可は多いと思う。

サイズは中にフリースやセーターを着込む事を考えて、ワンサイズ大きめにした。
色は他のコートと変えてベージュ。

買った後、良かった点は
・フードも取れる
見た目よりかなり暖かい。(重要)
・セールで安かった
かな。

という事で、今回久々にコートを買ったのだけど。
この他にも、メインで着ているコートが2つある。

1.中綿入りのショートコート
2.オーソドックスなウールのPコート

1は、丈でいうとブルゾンに近いかも。
NUOVA STELLAというメーカーのもので、ポリエステル生地で光沢があり、打ち合わせでも着ていける位のカッチリさもある。
襟にはファーに付いていて取り外せ、色がダークブラウンなので、遠目で皮っぽくも見えるかも。

2も、母からの貰い物。
いい値段したらしく物凄く暖かい。結構ピッチリしたラインなので、中にあまり着込めないけど、サッと羽織って外に出てもいいくらい。
これは、濃いグレーで何にでも合うトラッドなコート。

大体この2つと、上に書いた気軽に着れるフード付きキルティングコートがあれば、用が足りている。
打ち合わせでは、1か2。
夜寒くなりそうな外出時は、2。
フード付きキルティングコートは日常的に着て、駄目になったら買い換えるみたいな形。

他に、ロングコートもあるのだけど、車の運転時に煩わしくて、あまり着ていないような。

私は少ないと思うけど、他の人はコートどれくらい持っているのかな。
私は、引越しの時に服をだいぶ処分したけど、コートはそのまま持ってきたと思う。

北国だと、外出時は見た目上ほとんどコートしか見えない訳で。
やっぱり、普通でも7~8着くらいは持っているのかなと思うけど、どうなのかなー。

ちなみにHusHusHは、ネットにも出店中。


人気ブログランキング にほんブログ村 blogram

関連記事

    コメントフォーム
    メールアドレスは必須ですが公開はされません

    トラックバックURL
    広告
    ブックマーク
    はてぶ人気記事
    過去ログ