本をめくってそのまま自炊できるスキャナ ScanSnap SV600いいな

コレは!? 2013 年 6 月 19 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote

ScanSnap SV600
数日前に話題になっていた非破壊型スキャナ。結構便利そう。
A3サイズ対応で、机に読み取りたい紙や、本を開いた状態で置くと、ゆがみなど自動調整して読み込むというもの。

PFUが非破壊型スキャナ「ScanSnap SV600」を発表――蔵書電子化がさらに盛り上がる? - ITmedia eBook USER


なんといっても、書籍の読み込みは楽そう。
今までは一度断裁してそれを読み込むのが、電子書籍の自炊の基本だったと思う。

私も最近、雑誌を捨てるために整理してるのだけど。

一冊丸々をそのまま自炊という事はないし。
そのまま伏せて読み込むと、端がふにゃっと歪んだりとイライラ。
結果、雑誌内の気になる特集ページを切り取る形になっている。

断裁機を買えばいいのだろうけど、雑誌内の気になる記事があるページはほんの一部。

カッターで大抵10頁程カットしてスキャン→連番読み込みソフトでPDF化
それを場合によってiPod Touchのリーダーに入れる
みたいな感じだ。

それでもかなり面倒に思ってしまう。

でもこのスキャナだと、必要な頁をざっとスキャン、みたいな用途では十分に思える。

PFUダイレクトでは5万9800円

との事なので、ビジネス用途で利用するには十分使えそう。

富士通の商品ページは以下。
ScanSnap SV600 : 富士通

読み取り速度の問題や、書籍によっては読み取り時に写った指を消す必要があるなど、まだ使い勝手で気になるところはあるのだけど。
これからこの形式のスキャナが増えて、どんどん改善していけばかなり便利になるかな。

広告

人気ブログランキング にほんブログ村 blogram

関連記事

    コメントフォーム
    メールアドレスは必須ですが公開はされません

    トラックバックURL
    広告
    ブックマーク
    はてぶ人気記事
    過去ログ