チカホのブラインド・ブック・マーケットは紹介文だけで本を選べる面白いコーナー

コレは!? 2014 年 9 月 13 日 google+0 はてなブックマーク1 Evernote

ブラインド・ブック・マーケット

札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)を通った時に見つけたダンボールと本の空間。
寄って見ると、ブラインド・ブック・マーケットというコーナーとの事で、
札幌国際芸術祭の参加型プロジェクト「アート×ライフ」の一つとして開催されているとの事。

詳しくは以下をどうぞ。
BLIND BOOK MARKET | 札幌国際芸術祭 2014

本はすべてカバーで覆われてて中も見られない、短い紹介文だけがのっている。
紹介文は本を持って来た人のもので、それを見ながら本を選んで交換するというもの。

ブラインド・ブック・マーケット

もちろん、アート×ライフの一環として行われているものなので…。
システム的には、
1.読まなくなった本を持ってくる。
2.持って来た本のエピソードを書く。
3.他の人の本を代わりに選べる。
というものらしい。

ダンボールには座れる場所もあって、すでに持っている本か確認する事もできるとの事。

手書きの紹介文が、何故か気になる読みたくなるような。
9月28日までやっているとの事で、ちょっと面白そうだなー。

広告

人気ブログランキング にほんブログ村 blogram

関連記事

    コメントフォーム
    メールアドレスは必須ですが公開はされません

    トラックバックURL
    広告
    ブックマーク
    はてぶ人気記事
    過去ログ