テンプレート

WordPressの個別記事ページをカテゴリ別に変更

WordPress 2010 年 3 月 1 日 google+0 はてなブックマーク10 Evernote

wordpressのsingle.phpをカテゴリ別に変更するカスタマイズ方法。

まずは、single.phpをコピーし、
 single-nagato.php
 single-koizumi.php
 single-asakura.php

等と名前をつけます。

その後、single.phpの文頭に以下を追加します。
続きを読む

WordPressのカテゴリを並び替えるプラグイン

WordPress 2010 年 2 月 27 日 google+0 はてなブックマーク1 Evernote

My Category Order
WordPressのカテゴリを並び替えるプラグイン。

日本語版はこちら
My Category Orderの日本語版を配布 | Lovelog+*

My Category Orderの使い方は簡単です。
My Link Orderとほぼ同じなので、こちらを見てください

プラグインを入れ有効にしたら、投稿のページにMy Category Orderの設定が出てきます。ドラッグ&ドロップで順番を入れ替えて、ボタンを押すと完了。

基本的にそのままで反映されますが、テーマによってはsideber.phpを書き換えます。

テーマをVicunaにしている場合は 続きを読む

WordPressでテーマ編集ができない

WordPress 2009 年 9 月 8 日 google+0 はてなブックマーク6 Evernote

WordPressで、使用中のテーマ編集ができない場合。

通常は、外観→編集から変更する事ができます。
ですが、

・ファイルの更新ボタンがでない。
・「変更を保存するには事前にこのファイルを書き込み可能にする必要があります。詳しい情報は Codex を参照してください。」という文が出る。

といった状態になった事が。

早速、ググると
ファイルパーミッションの変更
というページが引っかかりました。

なんて事もない、パーミッションの違いで書き込み不可だったようです。

FFFTPにて、サーバー(該当のブログはWADAXサーバー)内の

wp-content/themes/該当テーマファイル

の各ファイル(「.css」や「.php」等)をパーミッションを「606」に変更。
すると問題なく編集でるようになりました。

色々な作業エラーの中で忘れがちになる、初歩的なパーミッションの間違い。
気をつけないといけないなー。

基本からしっかりわかる WordPress 3カスタマイズブック (Web Designing Books) PHPによるWordPressカスタマイズブック―3.x対応 Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門 (WEB PROFESSIONAL)

最初の記事の下に広告を入れる、mt.Vicuna版

Movable Type 2009 年 7 月 15 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote

Movable Typeで、最初の記事だけに広告を挿入したい場合について書きます。
記事の前後にバナー広告を入れるとは、また違います。
一番上の記事の下に広告をつけるという書き方が判りやすいかも??

そのほかにもウェルカムメッセージと記事最後に広告を追加します。
文字で書くと、

 ヘッダ(タイトル)

 ウェルカムメッセージ
 最初の記事
 広告1
 2番目記事
 3番目記事
  ↓
 広告2

となります。
(実際にはこちらのようになります。)

改造するテンプレートはmt.Vicunaです。

まず、モジュールファイルを追加します。
デザイン→テンプレートからテンプレートモジュールモジュールを作成。
テンプレートモジュールを追加

ウエルカムメッセージ というモジュールをつくります。
モジュール
divタグはレイアウトに合わせるのに入れています。
赤の中に表示させたい内容(ここでは、はじめましてのメッセージ)を入れ、保存。

同様に
 広告いち
 広告に
のモジュールを新規作成します。(広告の時は赤の中に、広告内容を入れる。)

デザイン→テンプレートに戻ります。
インデックステンプレートにあるメインページのファイルを開きます。

そして、太字の部分を足します。

<div id="main">  
 <$MTInclude module="パンくずリスト"$>
 <h1><$MTGetVar name="page_title"$></h1>  
    <$MTInclude module="ウエルカムメッセージ"$>  
 <MTEntries lastn="1">
    <$MTEntryTrackbackData$>
    <$MTInclude module="ブログ記事の概要"$>
 </MTEntries>   
    <$MTInclude module="広告いち"$>
 <MTEntries offset="1"> 
    <$MTEntryTrackbackData$>   
    <$MTInclude module="ブログ記事の概要"$> 
 </MTEntries>
  
    <$MTInclude module="広告に"$>  
 <$MTInclude module="アーカイブページへのリンク"$> 
 <$MTInclude module="パンくずリスト"$>
</div>

として保存します。
その後、メインページを再構築します。

表示されましたでしょうか?

先ほどの記述の説明は以下の通りです。
まず、記事の上に
<$MTInclude module="ウエルカムメッセージ"$>
で、ウエルカムメッセージモジュールを挿入します。

記事を呼び出す、<MTEntries >にlastn="1"を入れ、最初の記事のみ表示を呼び出しています。

最初の記事呼び出しが終わったあと、

<$MTInclude module="広告いち"$>
で、広告いちモジュールを入れ、

今度は、記事を呼び出す、<MTEntries 以下を繰り返しますが、ここでもMTEntriesにoffset="1"を入れ、最初以外の記事のみ表示させます。

すべての記事が表示された後

<$MTInclude module="広告に"$>
で、広告にモージュールを入れています。

カテゴリー・月別・日別のテンプレートについても同様に修正すれば、同じようにウエルカムメッセージと広告が表示されるようになります。

Movable TypeのファイルをPHP化している場合は

<div id="main">  
 <$MTInclude module="パンくずリスト"$>
 <h1><$MTGetVar name="page_title"$></h1>  
    <?php include("<$MTBlogSitePath$>welcome.php"); ?>  
 <MTEntries lastn="1">
    <$MTEntryTrackbackData$>
    <$MTInclude module="ブログ記事の概要"$>
 </MTEntries>   
    <?php include('<$MTBlogSitePath$>koukoku1.php'); ?>
 <MTEntries offset="1"> 
    <$MTEntryTrackbackData$>   
    <$MTInclude module="ブログ記事の概要"$> 
 </MTEntries>  
    <?php include('<$MTBlogSitePath$>koukoku2.php'); ?>  
 <$MTInclude module="アーカイブページへのリンク"$> 
 <$MTInclude module="パンくずリスト"$>
</div>

各モジュールをPHPファイルにして入れてるだけですが。
<?php include("<$MTBlogSitePath$>welcome.php"); ?>
<?php include("<$MTBlogSitePath$>koukoku1.php"); ?>
<?php include("<$MTBlogSitePath$>koukoku2.php"); ?>

等でよいと思います。
welcome.php、koukoku1.php、koukoku2.phpの各PHPファイルは、インデックステンプレートで新規作成して追加します。

そんなワケで、北海道のいで湯ブログもよろしく!

広告
ブックマーク
はてぶ人気記事
過去ログ