古平新家寿司はたちの季節

北海道グルメ 2011 年 12 月 2 日 google+0 はてなブックマーク0 Evernote


新家寿司のたち軍艦。

先月末に行った古平町の新家寿司では、もう真だちが出ていた。
今年は早めに捕れているの事。

この日、珍しかったのは金頭(カナガシラ)の握り。

味は、白身だけど、見た目よりも脂がのっていた。
脂はしつこさもなくて、とても美味しかった。

この魚はホウボウの仲間という事なのだけど。
頭が固くて、捌きにくく、身は少ないので、生で食べるには、少し面倒。
なので、大抵煮付けなどで出てくる魚なのだとか。

欠けた専用包丁を見せてくれて、納得。

その後、鮑の握り。

こぶ締め。

などを食べて、この日はお腹いっぱいに。

秋なので紅葉人参。

これが過ぎると梅になるのだとか。

広告

人気ブログランキング にほんブログ村 blogram

関連記事

    コメントフォーム
    メールアドレスは必須ですが公開はされません

    トラックバックURL
    広告
    ブックマーク
    はてぶ人気記事
    過去ログ